Eggiwil の牧くだり2015


2015年9月のスイスの旅、イチバンの目的は”牧下り”。
人生初の牧下りは、
エメンタール地方のEggiwil(エッギヴィル)!

牧下りというのは、
夏の間山に放牧されてた牛たちが麓の村へ下りてくる、
昔からの伝統的なお祭りです。

牛の頭に花飾りと、首には大きなカウベルをつけて歩く牛の姿を、
念願叶って見ることができた!
いつもなら休みが取りづらいところだったけど、
2015年の9月はシルバーウィーク様様でしたねー。

大抵牧下りは週末に行われるようですが、
Eggiwilは平日に開催されました。
その割には見物客が多いような(笑)

Eggiwilの牧下りは規模が小さく、
容量の問題で動画をカットしてしまっているけど、
とは言っても、下りてきた牛たちはほとんど写ってるんじゃないかな。
自分の前を2~3分で通り過ぎてしまったカンジ(笑)

旅行の最終日に、L’Etivaz(レティヴァ)の牧下りを見に行って違いがわかったけど、
規模が大きい牧くだりは、多分ファミリーごとに(農家ごと?っていうんかな?)順番に下ってきて、
先頭グループは9:00ぐらい?最終グループは15:00ぐらい?
若干適当だけど(笑)
時間をかけて下ってきてました。

Eggiwilの牧くだりは、
その地域に住む人たちが毎年楽しみにしてるんだろうなーって、
地元愛強いよ!みたいな、そんな雰囲気を感じました。

もう半年が経過してからの感想になっちゃったけど、
天気も雰囲気もよくて、気持ちのいい日だったなーって、
鮮明に覚えてます。

コメントを残す